空き家を売るか?活用するか?僕が知っている空き家の実例

日本では、

空き家

が増えています。

空き家が増える。空き家を売るか?活用するか?

空き家が増える理由

少子高齢化

日本では、少子高齢化が進んでいます。
つまり、生まれてくる子供が少ない
そして、元気なお年寄りが長生き
しているということです。

出生率が低いので、人口が毎年減少しています。

したがって、必要な家の数が減ることになります。

世帯数の減少

それでも、ここ10年は「世帯数」が増えていました。

新しい世帯数が増えるということは、
今までとは別に住む家も必要となる場合
もあり、中古物件や新築物件を求める方は
多かったのです。

しかし、いよいよその世帯数の減少も
始まっています。

世帯数が減ることは、世帯用の不動産物件の
需要は一気に減少していきます。

高齢者がお亡くなりになる

長生きするお年寄りが増えても、
なくなられる方も毎年おられます
ので、そうなると住んでいた家は
売るか、解体するか、そのままに
するかといった状況になっていきます。

このような理由で、「住む人のいない空き家」
が今増え続けコレがちょっとした問題に
なっています。

参考 ・空き家が増える問題とは?

さて、空き家の現状はここまでとして、
実際に空き家をどうすればいいのか?
を考えてみました。

売る・活用それぞれメリットがある

1つは「売ってしまう」ことです。

もう住まないならお金に変える、
そうすれば、固定資産税も必要
ありませんし、

維持費や修繕費も気にすることは
なくなります。

2つ目は「活用する」という方法があります。

実は、私の知り合いの不動産屋さん
の話では、「空き家を買い上げて
リフォームをして借りたい人に
貸してあげる」という方法がある
ことを聞きました。

ですので空き家を持っている方は
「売らない」で自分で所有し続けて、
「収入」を得ることも可能なのです。

そうすることで「家賃収入」が発生します。
リフォーム代にはまとまったお金がかかりますが、

長い目で見ると、その経費も回収でき、
新たな収益として収入を得ることも
可能です。

空き家の活用・売却のまとめ

空き家の所有者は大きく2つの選択肢が
あります。

いずれにしても、空き家を売る場合でも
空き家を貸す場合でも、素人の方が
自分で行うのは、少し難しい部分も
ありますので、

適切な不動産会社を探して、こちらの
希望を相談して依頼することが望ましい
と言えます。

特に「空き家の売却」を行う場合は
買い手を見つけて色々な手続きを
行う必要がありますので、

不動産会社を有効に活用してみましょう。↓

・参考 ・空き家の買取業者を上手に探すポイントを教えてください

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする