チョーキング現象で外壁塗装の状態がわかる 白い粉は塗り替えのサイン

「チョーキング現象」外壁塗装の劣化です。

今から家の外壁塗装の役目や、チョーキング現象についての状況、塗り替えのタイミング、対策、などについてお話ししていきたいと思いますので、ぜひ最後まで読んで見てください。

外壁塗装の主な役割

「マイホーム」の外壁塗装の主な役割には、

マイホームのデザイン性

ともう一つ重要な役割、

防水効果

があります。

外壁塗装が劣化すると。。

塗装を施すと「塗膜」ができて、雨風や
汚れを防御して、家の内部を守って
くれています。

この塗膜は太陽光の紫外線や雨に
よって日に日に劣化していきます。

すると防水効果が薄れていき、さらに劣化が進むと
雨水などが外壁に染み込んできます。

劣化のサイン「チョーキング現象」

塗膜の劣化が進むと「チョーキング現象」
が起こります。

チョーキング現象とは

「外壁に触ると手に白い粉が付く」

状態の事です。

手に白い粉が付く外壁塗装のチョーキング現象の様子

チョーキング現象の対策としては。。

この現象が起こった場合、突然、雨水が
染み込んで雨漏りするというようなこと
はありませんが、

長年塗り替えをせず劣化が進んでいる場合は、
外壁の中の壁を雨水が伝っている可能性が
大きいので、

外壁塗装の塗り替えのサイン

と考えるべきでしょう。

塗り替えのタイミングをずらしほおって
置くと、水漏れの被害が大きくなり、
修理費がかさむことがあります。

白アリの危険性

家の中に水が浸食してくると厄介なのが
「白アリ」です。

白アリは湿気があるところを好み、木をえさに
しています。ですので、雨水が家の内部に浸入
すると、白アリの被害にあうことは少なく
ありません。

雨水による湿気で白アリが柱を食い荒らした様子

こうなれば、大きな被害になり修繕費は
高額になります。

外壁の塗り替えの手順と対策

早期のリフォーム

チョーク現象を発見してから相当年数
ほったらかしにしている方は、

雨漏りによる大がかりな費用のかさむ、
リフォームになる前に、

塗装の塗り替えなどのリフォームをお考え
になることをおすすめします。

どこに相談すればよい?

しかし、いきなり1軒のリフォーム会社に
見積りをお願いして、注文書を交わすような
ことはしてはいけません。

できるだけ合見積りをとって価格の比較
や仕事の腕前を見極めないと、

中には手抜き工事をする悪徳業者
も少なからずおおからず存在します。

その解決策としてまず、外壁塗装に
関する資料を無料で資料請求する
こと
がベストです。

その「無料資料」について次に説明します。

「優良工事店ネットワーク」の資料請求を利用する

「優良工事店ネットワーク」というプロの
リフォーム会社紹介サイトがあります。

塗り替えについて直すにはどういった
正しい方法があるのか?

そして、ちゃんとした外壁の塗り替え
リフォームの仕事を行ってくれる、

優秀な業者の紹介が受けられる方法を
冊子にして無料で提供してくれている
会社です。

この会社は全国47都道府県で、過去に行った
外壁塗装のリフォームで、実際にユーザーが
行った工事採点表で一番評価の高かった優秀
なリフォーム会社1軒だけを紹介するという
会社です。

この会社から参考資料として、外壁塗装修理の
為に役に立つ解説や事例が掲載されている
このような無料の資料が配られています。

優良工事店ネットワーク 赤本と青本 DVD無料資料

上の画像は実際に私が請求した
資料の内容のものです。

この冊子の内容がとても優れています。

まずはこちらをお読みになって、

正しいチョーク現象の解説と修理方法、
さらに、「外壁塗り替えリフォームで失敗
しない12の方法」
や、「信頼できるリフォ
ーム会社の選び方」

を、本を見て知っておくと
失敗のない外壁塗装の塗り替えが
できること、間違いありません。

「優良工事店ネットワーク」について
の詳しい内容や、無料資料請求の方法
についてはこちらのページで詳しく
書いていますので、ご覧ください。


「優良工事店ネットワーク」について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする