健康の歩くはなぜ重要なの?実践には2つのポイントを知っておこう

健康のため散歩やウォーキングなど歩くこと

を実践している方はとても多くなっています。

このページではこれから、「健康のため歩きたい」
とお考えの方に、

では歩くことを続けるとどんないいことがある?
実際に歩くときの抑えておく効率の良い方法

という点をはっきりと理解してもらう
ために書いてみましたので、

ぜひ最後まで読んで見てください。

一番手軽な健康法は歩くこと

伊能忠敬という人物をご存知ですよね。

江戸時代に日本中を歩いて初めて日本地図を作った人です。

まさに「歩くために生まれてきた人」です。^^

この時代の平均寿命は30歳から40歳
と言われるのですが、伊能忠敬は73歳まで
生き続けた人で、

この長寿の要因はまさにほぼ毎日歩いていた
ことが関係していると言われています。

健康法として歩くことが重要と
考えられる事実の一つです。

何気なく歩くより「考えて歩く」ことが重要

歩くことが健康に必要と言う事は、割と
多くの方が認識しているかもしれません。

でも健康のためより効率よく歩くということを
考えて歩いている人はごくわずかです。

同じ実践するなら次の方法を理解しておいてください。

その方法のひとつとして簡単にできるのが、

広い歩幅で歩く

ということです。

狭い歩幅よりエネルギーを使いますので、
カロリー消費にも有効、そして歩く力・
歩行速度が高まりますからが好循環となり、

より貢献度の高い健康法になります。

なぜなのか?それがより理解しやすい
理由を次に説明します。

歩行速度によって長生きできるかどうかに差がある

歩行力は全身の健康と深く関係していると言われています。

さらにもっと突き詰めると、

同じ年齢でも歩くスピードで寿命が変わる

という研究論文がアメリカで発表され大きな注目を集めています。

例えば、

歩行速度0.2m/秒・・・予測余命年齢 男性約8年・女性約13年
歩行速度1.6m/秒・・・予測余命年齢 男性約32年・女性約41年

このような数字の結果が科学的データとして証明されているそうです。

疲れた時は無理をしない

伊能忠敬は「虚弱体質」だったそうです。
それなのに、歴史に残るような偉業と長生きができたのは、

「健康に細心の注意を払っていた」からです。

疲れた時は無理をせず休む
食事の栄養バランスに気を配る
持病の薬を飲んでいるなら用法を守って欠かさずのむ

など健康管理には人一倍気を使っていたからと言われています。

伊能忠敬が日本地図作りを始めたのは55歳です。
この初老の年代から、体を壊さず続けてこれた
のだから、もともと健康な私たちなら、

歩くことと健康管理は、もっとたやすいことかもしれません。

外で歩くのがおっくうなら

では実際に健康のために歩くとなると、

トレーニングウェア
ウォーキングシューズ

などを揃えて、外に出ていく必要があります。

「歩く環境」としては近くに、

河川敷きがある
公園がある
車の少ない道がある

などがあれば実践しやすいのですが、

人通りの多い場所や人目が気になる方
等の場合、健康を優先するより、ストレス
回避を優先し、実践しない方もおられる
はずです。

そんな時に役立つのが、自宅でも健康に歩ける

ウォーキングマシン
ルームランナー

です。

自宅で簡単にウォーキングができるルームランナー・ウォーキングマシン

自宅にこの機械があれば、

わざわざ外に出歩く必要は無い
気づいたときにすぐに実行
雨や雪が降っても大丈夫
向かい風も関係なし
寒くても暑くても気候に関係なし

といったメリットがあり、健康のために歩く実践が容易にできます。

参考 ・ルームランナー・ウォーキングマシンの選び方や人気をチェック!

まとめ

私自身はスポーツ目的のため走っています。

「走る」場合は筋力の強化の方が
目的は大きく、歩くよりハードな
運動となります。

そのため、基礎体力ができていないと
「膝や腰を痛める」原因にもなりやすい
ので注意が必要です。

歩くのと走るのでは「筋肉を使うところ」が
また違うようです。

「健康を目的」とするなら、まずは歩くことから
始めて見るのがおすすめです。

引用 サントリーの解説本から 監修 渡辺一郎先生・田畑泉先生