吸引力とコードレスが決め手。ダイソンの新しい掃除機V10を使う3つの理由

ダイソンのサイクロン掃除機V10

が新しいバージョンとして人気になっています。

ダイソンの掃除機はサイクロン掃除機として
世界で初めて開発されたブランドです。

長年このブランドが愛される理由として、
3つのポイントがあります。

ここではダイソンのコードレス掃除機V10
を例にとって3つのメリットを詳しくご紹介します。

ダイソンコードレス掃除機V10の広告

サイクロン構造+高回転モーターだから吸引力が強い

サイクロンン掃除機とそうでない掃除機との
大きな違いは「吸引力」です。

コードレス掃除機はバッテリーで動くのですが、
電力が小さいので、コードを使ってコンセントに
指し込むキャニスター型掃除機より、

パワーが小さいという点があります。

ダイソンのサイクロン掃除機V10もコードレス
掃除機ですから、小さな電力で動かすタイプ
なのですが、

そのデメリットを解消するために、吸引力が
強いサイクロン構造になっているのです。

ダイソンサイクロン掃除機コードレスクリーナーV10のサイクロン構造

そして、今回のV10にはもう1点大事な注目点があります。

それはモーターです。

ダイソンサイクロン掃除機コードレスクリーナーV10デジタルモーター

今回新しく開発されたダイソンデジタル
モーターV10は、

毎分最大125,000回転

を実現することができ、今までの回転数より
さらに増大させているのが吸引力アップに
大きく貢献しています。(V7シリーズでは
11万回転)

コードがないからすぐに使えて移動も楽

そして、コードの差し込みが必要ない「コードレス」
という点では、「電力パワーが小さい」という
デメリットを払しょくする大きなメリットがあります。

コードがあると掃除をする前に、

コードを伸ばす→コンセントに差し込む

という準備が必要です。頭で想像するだけなら
このくらいの手間はそんなに負担に感じない
んじゃない?と思えるのですが、

実際に掃除をする人には「面倒だな。。」
と感じる度合いが意外と大きいんです。

そして、コードがあると掃除中に部屋を
移動をするときは、いったんコードを抜いて、
また差し込むという手間がでてきます。

階段なんかは最悪。延長コードが必要だったり
コードが足に引っかからないか?とか心配も
あります。

コード有の掃除機は階段の使用で不便だったり、移動場所が限られたりするデメリットがある

こういう面倒なことが掃除をする前に頭を
よぎると、「明日にしようか」と先延ばし
して、その繰り返しが始まり、

いつまでたっても掃除をしていない状態が
続いてしまいます。(筆者経験済み(-_-;))

その点、「コードレス」ならぱっと掃除機を
持って、スイッチを入れれば、すぐに運転
が開始され、あとは床上で前後左右に動かす
だけ。

これ、すごく楽なんですね。

高い所の掃除が簡単にできる

壁とか天井にも「ほこり」がつきます。
キャニスター型だと、ジャバラホースが
伸びるところの高さまでしか掃除が
できない(しにくい)ですが、

コードレスなら、腕を伸ばせるところまで
掃除ができますので、部屋中隅々まで掃除
ができます。

しかも本体の重量は2キロ強程度ですので、
女性でも難なく持ち上げられます。

疲れるまで続けて、疲れたらちょっと休む。
これの繰り返しですいすいとお掃除が
できますね。

ダイソンの掃除機を買うならどこがおすすめ?

ダイソンの掃除機はヤフーショッピングと
楽天市場の公式ショップで見つけることが
できますが、

他の通販ショップでもダイソンの掃除機は
販売されています。

人気のあるメーカーですので、「目玉商品」
として、特価で販売されていることもありますので、

価格についてはぜひ比較しながら、安いところ
を見つけるようにしてみてください。

参考 ・掃除機の人気ランキングやおすすめ情報はこちら

まとめ

ダイソンのコードレスクリーナーは他の
メーカーの同じタイプと比較してやや高額
な製品ブランドです。

しかし、それに見合う技術とメリットが多く
含まれています。

信頼のおけるしっかりした会社ですので、
長年大事に使うことをモットーに、

ワクワクする楽しい掃除をダイソンで
実現してみてはいかがでしょうか?

参考 ・ダイソン公式サイト解説

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする