シャープの電子オーブンレンジのしゃべる機能の仕組みとは?

シャープのヘルシオのしゃべる仕組みはAIを使ったIOT

シャープのオーブンレンジといえば、
ヘルシオが代表ブランドですね。

※ちなみに東芝なら、石窯ドーム、
パナソニックならエレック、
日立ならヘルシーシェフが
人気ブランド。

どの家電メーカーもIOT(家電と人を繋げる
ネット機能)を導入していますが、

シャープでは「COCORO+」というAIを導入
しています。

「COCORO+」をざっくり言うと、

音声式対話で家電がしゃべる便利機能

というものです。

では具体的に何ができるのか?について、
「ヘルシオオーブンレンジ」の事例を
ご紹介します。

献立を聞くと答えてくれる

「明日の献立、料理は何を作ろうか?」

と思った時にヘルシオに聞いてみると、

「明日は今の旬のかぼちゃを使って
かぼちゃグラタンはいかがですか?」

と回答をしてくれたりします。

ヘルシオについている「お話し」ボタン
押せばいいだけです!

過去のメニューからも考える

単に「メニュー」を答えるだけではなくて、
たとえば、

「昨日は肉料理だったので今日は魚料理
はどうですか?」

というように、調理をしたデーターを元に
提案をしてくれたりもします。

食材からメニューを提案

そのほかにも、特定の食材から
メニューの提案もしてくれます。

「かれいを使ったメニューは何がある?」

と聞くと、

「かれいのソテー野菜添えはいかがですか?」

と回答してくれたり、その他のメニューも
画面で表示をしてくれます。

冷蔵庫に余っている食材が、

鶏肉と卵だったなら、

「鶏肉と卵で作れる料理を教えて」

と聞けば、

「チキン南蛮はいかがですか?」

と回答してくれたり、画面に他の
メニューを表示してくれたりできます。

調理時間や他のジャンルを聞いても、
質問に適切な回答をしてくれますよ。

IOT機能がある電子オーブンレンジなら、
楽しく会話をしながらメニューや料理が
できる、最先端の家電製品です。

※シャープ公式サイト 参考動画

参考 ・シャープ「COCORO+」公式サイト

まとめ

冷蔵庫・洗濯機・空気清浄機など
電子オーブンレンジ以外の家電でも
この音声式IOTが採用されています。

またAmazonやグーグルが発売している、
スマートスピーカーも音声対応式の
家電で、IOTのコンセプトが取り入れ
られています。

今後もますます身の回りの製品が
IOTによって便利になっていく世の中
がきそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする