自己破産や個人再生の前になぜ過払い金の調査をするのか?

自己破産や個人再生の原因の借金に過払い金
があれば、不当に支払っている利子等のお金
をまず取り戻すことができます。

自己破産と個人再生と過払い金の関係

個人再生と自己破産の違い

個人再生とは、債務整理の中の一つの方法です。
自己破産では、「借金を帳消しにする」ことが最大の
目的ですが、

個人再生は「自宅に関する借金を残し、他は帳消しにする」
というものになります。

自己破産では借金の帳消しのために、資産の売却による
返済金額の充当が必須となります。そのためマイホームが
ある債務者は、現金で借金が残る場合、家を売ったお金も
借金の充当金に当てなければなりません。

逆に言うと、家を売って得られたお金で借金が
相殺されるなら、自己破産をする必要はありません。

ただ、マイホームを持っている方の多くは「ローン」
を支払っている方が多いわけで、その毎月の返済と
他の借金とで「返済不履行」に陥る可能性も多いわけです。

家のローンを組んでいる場合は、そのローン会社に
担保を取られているはずです。

ですので、家を売るということがおそらくできない
と想像されます。

家のローンが払えない、そうすると家はローン会社に
取られてしまうので、住む家はなくなります。

夫婦や子供がいる家族なら、家をとられることほど
苦痛なことはありません。

その苦痛を考慮して考えられているのが個人再生です。

家のローンは払い続ける、しかしそれ以外の借金については
免除をしてほしいと裁判所に申請ができるのです、

自己破産と個人再生の仕組みついては、さらに詳細な
取り決めなどがあり、これらをすべて把握して実行に
映すには法律の専門家である弁護士に依頼する必要が
あります。

我々一般国民ではその仕組みを理解して、間違いなく
手続きをしていくのには、かなりリスクもあります。

覚えておきたい過払い金の可能性

さらにひとつ、負債となる借金における事例として
過払い金の有無ということが多くなっています。

過払い金というものが、債務者の借金の中にある
場合、本来なら過払い金請求を履行して、多く払い
すぎた利子の返還を求めることができるのですが、

これが理解できていないと、場合によっては
数百万の損害を受けるのと同じことになる
場合もあります。

自己破産や個人再生を行う前に、過払い金というものが
存在しているなら、まずはそちらの返還請求を行い、

返還金によっては、自己破産や個人再生を免れる
ことも、なきにしもあらず
といえます。

過払い金とは「アコム」や「アイフル」などの消費者金融
業者が、法律で決められた上限金利より高く利子を設定し、

借入者に請求して返済させていたというものです。

実際のアコムの過払い金での体験談の事例などを
参考にしていただき、まずはそのあたりを勉強して
理解して見てください。

解説を御覧になって、思い当たる節のある方は

ぜひこちらで紹介されている弁護士で過払い金の
無料調査を行い過払い金の有無を確認してください。

関連参考情報 会社の倒産の手続きは自分でできるのか? 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする