ビジネスローンはスピードでとても有効

bijinesurorn01

筆者は会社経営をするにあたり、借金をしています。

正直なところ、借金するより無借金の方が理想なのですが、現実にはそうはいきませんね。

では会社経営者が融資を受けたい時、どういったところがあるのか?また、それらの種類、違いやメリット、デメリットがある点に注目して、ご紹介したいとおもいます。

理解しやすくすぐに読めるようにまとめましたので、ぜひ最後までお読みいただけますと、ためになるかと思います。

会社借金の種類

今の会社の融資は事業融資とかビジネスローンとか
言われています。

銀行で借りる時は「事業融資」という言われ方をよくします。

ビジネスローンを訳すと事業融資と似た感じですが、日本ではビジネスローンといえば、銀行以外の融資会社を指す場合が多いです。

事業融資とビジネスローンの違い

では、この2つに違いはあるのでしょうか?

事業融資を銀行で借りる

金利はビジネスローンより低いと考えられます。
審査が厳しいと言えます。

ビジネスローンで借りる

金利は銀行より高いと考えられます。
審査は銀行よりゆるいのが現実です。

銀行で断られたらビジネスローン

銀行で事業融資の申し込みをしてみて審査に通らなかったなら、ビジネスローンでと考えるのが順序としては理想的です。

最大のメリットはスピード

ビジネスローンは審査結果は申し込んでから約1日で審査結果を教えてくれます。

これはインターネットでの申し込みが一般化しているからです。

しかも審査が銀行よりゆるいとなれば、「すばやく借りれる」ということになり、現実的にいますぐお金を借りたい会社にはかなり有効な手段です。

申し込み

まずはビジネスローンを比較してどんな会社や優遇性があるのかを見て見ましょう。

中には初回融資に限り無利息期間を儲けている金融業者もありますので、そういったメリットは有効に使って見てください。

まとめ

実は日本の会社は全体の7割が借金をしているそうです。そう考えると会社経営のおける借金はある意味当然なことと考えるべきかもしれません。

筆者は借金をしているということで、卑屈になる必要はないと思っています。ただし、借金の内容については、事業拡大のための投資として考えれるものにしたいと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする