事業資金の融資の審査って厳しいの?実際に申し込みしてみたい会社は?

事業での資金を借金

している会社は、日本では約7割に上ると言われています。

事業資金の融資を受ける方法

調査対象企業22万2977社のうち、3分の2(65.3%) にあたる14万5499社が「有担保」での借入を行っている

参考 ・帝国データバンク 国内企業22万社の融資等の保全状況実態調査

担保有でないと融資は無理なのか?

帝国データバンクの調査では、担保有で
借入を約65%の会社で行っている、

となっていますが、

例えば、小規模の自営業者や個人事業主の場合、
差し出せる担保がない場合もあります。

「無担保・無保証(信用)融資は約1割 」

の会社数がありますが、担保有に比べると
かなり低い数字です。

というこは、担保がない場合は融資を受けられる
可能性は少ないということになるのでしょうか?

確かに、金融機関は担保なしだと万が一の場合の
リスクが高まります。

ですので、敬遠しているとも考えられるのですが、

実は「金融機関の種類」によって大きく違ってくる
事実があります。

金利の低い銀行・日本政策金融公庫と貸金業の違い

担保有の事業融資の場合は、担保なしより
「金利が低くなる」メリットがあります。

担保有で事業資金を貸し出すことが多いのが、
銀行と日本政策金融公庫です。

この2つの金融機関は「貸し倒れ」を回避したい
考えがかなり大きくあります。

ですので万全に事業計画や決算書の中身の
チェックを行います。

これとは逆に、「金利が高い」「無担保・無保証」
で事業性融資を行うの金融機関となるのが貸金業の
事業性融資です。

中でも、最もおすすめしたいのが、

ビジネクスト

のビジネスローンです。

ビジネクストでは、銀行や日本政策金融公庫では
おそらく審査が通らない「赤字決算」でも、

必ずしも審査が通らないということはない
というポリシーがあります。

ビジネクストの詳しく特徴やメリットはこちらのページで
ご確認下さい。↓

参考 ・ビジネクストって?事業資金で困っているときのビジネスローンの種類

まとめ 小規模事業主や自営業者でも融資の可能性はある

ご紹介したビジネクストなら、
銀行で融資を断られても、

審査が通る可能性はあります。

どうしても融資が必要とあらば、
あきらめずに他の貸金業のビジネスローン
の申し込みを考えてみましょう。

もし、「不動産担保が用意できる」
場合は、セゾンファンディックスと
いう貸金業者もあります。

銀行では不動産を担保にして事業融資を
行っているところは少ないと言われています。

ぜひ参考にしてみてください。